ライフをハックしたい

プログラミング初心者向けの記事や花粉症や就職活動、基本情報技術者試験(FE)などについて書いています。消しゴムはんこの記事は嫁が書いています。

タウロミンは副作用・眠気もなく、アレルギーやアトピーのかゆみや花粉症治療に効果あり!薬の副作用・併用は?

スポンサーリンク

f:id:ywataru:20180220152558j:plain

タウロミンとは

タウロミンとは、漢方含有の第2類医薬品です。市販されており、薬局やドラッグストア、ネットでも購入いただけます。 成分の特徴は、アレルギーに効く漢方が多数含まれています。クロルフェニラミンマレイン酸塩という抗ヒスタミン成分も入っていますが、他のアレルギー薬と比べれば10分の1程度の量になっています。 抗ヒスタミン成分がほとんど入っていませんので、眠くなりにくく、喉の渇きなどの副作用も出にくい薬となっています。

皮膚の炎症や鼻炎(鼻の皮膚粘膜の炎症)に有効な生薬に、カルシウム、ビタミン、アミノ酸などの栄養成分を配合した、皮膚疾患・鼻炎のための内服治療剤です。
小粒タウロミン|興和 -Kowa- 製品サイト

もともとは、アトピーなどの皮膚炎によるかゆみの治療に使われていましたが、花粉症治療にも効果があるとのことで最近口コミなどで話題になっています。


成分・分量 36錠中
●サイコ末 90mg
●ハマボウフウ末 90mg
●センキュウ末 90mg
●ブクリョウ末 90mg
●オウヒ末 90mg
●キキョウ末 90mg
●ショウキョウ末 90mg
●ドクカツ末 54mg
●ケイガイ末 54mg
●カンゾウ末 54mg
●リン酸水素カルシウム 1080mg
●乳酸カルシウム 360mg
●ヨクイニン末 360mg
●アミノエチルスルホン酸(タウリン) 36mg
●グルクロノラクトン 36mg
●チアミン硝化物(ビタミンB1) 7.2mg
●リボフラビン(ビタミンB2) 7.2mg
●ピリドキシン塩酸塩(ビタミンB6) 3.6mg
●ニコチン酸アミド 14.4mg
●パントテン酸カルシウム 14.4mg
●イノシトール 18mg
●エルゴカルシフェロール(ビタミンD2) 9μg(360国際単位)
●クロルフェニラミンマレイン酸塩 3.6mg

使用上の注意

■してはいけないこと

(守らないと現在の症状が悪化したり,副作用・事故が起こりやすくなる)

1.本剤を服用している間は,次のいずれの医薬品も使用しないこと

 他のアレルギー用薬,抗ヒスタミン剤を含有する内服薬等(かぜ薬,鎮咳去痰薬,鼻炎用内服薬,乗物酔い薬等)

2.服用後,乗物又は機械類の運転操作をしないこと

 (眠気等があらわれることがある。)

3.長期連用しないこと

引用:添付・説明文書
http://hc.kowa.co.jp/wp/wp-content/uploads/2014/03/12510.pdf

他の薬との併用や、眠気が出る場合もありますので車の運転などはしないように説明があります。 また、長期運用もしないようにとされています。 私の場合は、副作用が出なかったですが、体質によって副作用には注意が必要です。 私はタウロミンをアレグラと併用して服用しています。

by カエレバ

タウロミンはアトピー、アレルギー等のかゆみに効く

もともとは花粉症の治療のためにタウロミンを購入しましたが、乾燥したときや花粉症以外のアレルギー症状のかゆみにも効果がありました。乾燥肌や花粉症以外のアレルギー持ちの人にもおすすめできます。

タウロミンは花粉症に効く

私は重度の花粉症です。長年、ピーク時にはストナリニZ(ジルテックのジェネリック医薬品)、ひどくないときはアレグラを服用してきました。しかし、効果の強い薬は眠くなる、喉が渇くといった副作用がありますし、長年服用を続けると効用が薄まるというった話も聞きます。 そんな私に、タウロミンは非常によく効きました。強い薬を飲まないと鼻水が止まらなかったのが、タウロミンを飲んでいると、弱い薬でも効果が十分になりました。花粉シーズンが始まる前に、飲み始めることで、さらに効果を高めることができるでしょう。 (使用上の注意には、他の抗ヒスタミン剤を含有する薬とは併用しないでくださいと明記されています。真似しないでください)

花粉症対策の時期はいつから?

花粉対策で大切なことは、花粉症の症状が出る以前から対策を行うことです。 アレルギー薬に即効性を求めてはいけません。抗ヒスタミン薬は即効性がありますが、タウロミンのような抗アレルギー薬は効果が出るまで数週間かかると言われています。 花粉の飛散し始める1月ごろの時期に飲み始めれば、花粉の飛散ピーク時には効果があるでしょう。

タウロミンの良いところ

タウロミンの良いところは、副作用が出にくいところです。添付文書にもこう記されています。2~3倍の服用をすすめる文書は他の薬では見ることは出来ないでしょう。

症状により通常量の2~3倍服用することもできます。添付説明文書

タウロミンの悪いところ

劇的に効果があるわけではない

タウロミン単体で症状を完全に抑えることは難しいと思います。飲んでみて、効果が実感できるかどうかは人それぞれだとは思いますが、私は効きました。また、抗ヒスタミン薬が少量しか入っていませんので即効性はあまりありません。

値段は安くはない

他の安い薬と比べて、値段は安くありません。市販薬と同等程度の値段です。長期服用にはそれなりの金額がかかってきてしまいます。しかし、効果があるか、副作用が出るかは実際に服用してみないとわからないものです。ネット上で購入すれば、街中の薬局やドラッグストアより大幅に安く買えますので検討してみてはいかがでしょう。

まとめ

タウロミンは非常によく効きました。副作用も感じられず、眠気もありません。いままで強い薬を飲まないと鼻水が止まらなかったのが、タウロミンを飲んでいると、弱い薬でも効果が十分になりました。抗ヒスタミン成分がほとんど入っていませんので、眠くなりにくく、喉の渇きなどの副作用も出にくい薬となっています。私はタウロミンをアレグラと併用して服用しています。 アトピー性皮膚炎のかゆみに悩まされている方も、副作用がほとんど現れませんので服用の検討をしてみてはいかがでしょうか。

by カエレバ