ライフをハックしたい

プログラミング初心者向けの記事や花粉症や就職活動、基本情報技術者試験(FE)などについて書いています。消しゴムはんこの記事は嫁が書いています。

仕事を辞める理由?会社の退職理由の具体例を家庭の事情内容などを紹介

スポンサーリンク

f:id:ywataru:20171218151840p:plain

次の仕事が見つかり、今の会社に退職する旨を伝えなければいけない。
退職願も用意し、あとは渡すだけ。なのになかなか渡せない。
退職の理由の伝え方がわからない。切り出しにくい。
転職の最後のステップ、退職の切り出しに多くの人が悩んでいます。
ここでは、どのような退職の切り出し方が良いのか紹介します。


スポンサーリンク

目指すべきは円満退職

まず、退職するときには円満退職を目指しましょう。 もし、同業で働く場合は取引先となる場合もあります。 また、円満に退職しておけば万が一出戻りも出来ると考えられるでしょう。 会社に迷惑はかかりますが、なるべく少ない迷惑で、引き継ぎもきちんと行いましょう。 一身上の都合ということで退職届を提出すれば問題ないはずですが、 社会人として当たり前の退職マナーを踏まえた行動をするよう心がけましょう。

退職ははやめに伝えておかないと円満退職から遠のく

退職が決まれば、引き継ぎをしなければなりません。 退職をはやめに伝えておかないと、引き継ぎが終わらないかもしれません。 後任の方が誰なのかもわかりません。 後回しにすればするほど円満退職から遠のくと考えましょう。

スポンサーリンク

言葉で言い出しにくい場合は退職願を渡す

わかっていてもなかなか言い出しにくいものです。 そういうときは、直属の上司を呼び出し、誰にも見られない形でさっと退職願を渡しましょう。 誰かに見られてしまうと、退職するという噂が立ち、正式な形で退職発表が出来なくなってしまいます。 無事、渡すことが出来れば「なんで辞めるんだ?」と普通の上司なから聞いてくるはずです。

伝えるべき退職理由

伝えるべき理由は今の会社では解決できないこと

会社の待遇改善や部署移動では解決できないことを退職の理由にしましょう。 解決策を啓示され、引き留めにあってしまうことは円満退職にはつながりません。

具体例1.違う仕事がしたい

他分野での仕事がしたい、違う視点での仕事がしたいということが最も一般的な退職理由でしょう。 今の会社での経験を活かし、違うことにチャレンジする、という方向性なら、退職をポジティブに捉えることが出来ます。 上司としても、会社に問題があるのではなく、ポジティブな退職理由なら受け取りやすいはずです。

具体例2.結婚や病気、妊娠や介護など、家庭の事情

引っ越しなどで会社の場所が問題となるときに有効です。 支店や子会社が多くある企業ですと、部署の移動で問題が解決してしまう場合がありますので注意が必要です。 上司としては、退職させないで引き止めることが仕事ですので全力で引き止めにきます。 納得が出来る理由の場合は活用しましょう。 家庭の事情と伝えれば、深くは聞かれないはずです。 深く聞かれた場合、「プライベートな内容ですので」や「あまり良い話ではないので」と言葉を濁しましょう。

具体例3.知り合いの会社に誘われた

転職する理由がネガティブな場合はポジティブな理由がなかなか見つからないと思います。 知り合いの会社に誘われた。という理由もよく聞く転職理由の一つです。 本音と建て前は別です。上司が納得する理由をなんとか考えましょう。

スポンサーリンク

今の会社で解決できることを言うと?

給与が安い。残業が多い。など、いまの会社の不満をベースに退職理由を伝えてしまうと、給与が上がれば残る。残業が減れば残る。という退職の引き止めにあうでしょう。 改善には時間がかかるので半年待ってほしい。などと上司に言われてしまっては退職しにくくなってしまうと思います。 退職理由には今の会社では実現できないことを述べましょう。

後回しすると円満退職は遠のく

退職したいと思ってもなかなか切り出しにくいものです。ですが、後回しにすればするほど円満退職は遠のきます。 最後の仕事です。思い切って退職願を渡し、転職先に向かいましょう。

辞めたいと思ったら、仕事・会社を辞めたい理由をきちんと考えてみる

会社や仕事を辞めたい理由は人それぞれです。辞めたいと感じた理由を言語化することで、辞めるか、部署移動希望などの手を講じるか戦略を練ることが出来るようになります。3つの具体例を紹介しますので参考にしてみてください。

1.給与や残業など、待遇の面

お金の問題は、働くうえで最重要な項目の1つだと思います。また、残業しても残業代が出ない、労働時間が長い、など待遇の面で不満がある場合は転職を考えてみても良いでしょう。その際、必ず次の転職先を決めてから退職するようにしましょう。そうしないと、思っていた待遇の仕事を得られない、無職期間が延びてしまうなど、デメリットが多いです。

2.上司や同僚など、人間関係

上司のパワハラや同僚のセクハラなど、人間関係が原因で転職する方は非常に多いです。このような場合、関わる人が変われば解決すると思いますので、部署異動や人事異動の希望を出すことも1つの手かと思います。会社を変えなくても、人間関係を変えることも可能です。

3.業務や仕事の内容

仕事の内容がつまらない、誰がやっても同じ、社会貢献性がない、そもそもこの会社の存在意義がわからない、などで辞めたいと感じる人も多くいます。自分の働きが社会貢献につながらない、働き甲斐がないという場合、自身にスキルを身に着ける必要もあるかと思います。自分にしか出来ない仕事を自ら作り出すことが出来れば、働き甲斐につながるでしょう。また、転職を考える際は同じ業務内容ではなく違う業務内容の企業を選びましょう。

私の仕事を辞めた理由は他の記事にまとめていますので参考にしてみてください。

www.lifehackit.work

スポンサーリンク

会社を変えたら解決できることか、考えてみる

多くの場合、会社を変えたら解決することが多いでしょう。しかし、中には朝早く起きるのが嫌、通勤するのが嫌などの理由もあるでしょう。そういう場合は会社勤めや雇われて働くやり方が向いていない可能性もあります。フリーランスや起業、在宅勤務などの働き方もありますので考えてみてはいかがでしょうか。

業界自体に問題がないか、考えてみる

会社を変えても、業界自体に問題がある場合は、業界を変えないと根本的な解決にはなりません。私はSI業界に疑問を感じ、WEB系や教育系に業界を変えました。詳しくは記事にしています。 少子高齢化が進み、将来的に下火となる業界に勤めている方は、業界自体を変えることも一つの手となります。

自分は100%の社員だったか、考えてみる

会社や業界に不満を持たれる方は多いと思います。しかし、会社目線に立った時に自分が1社員として適切な働き方をしていたか考えてみると、自分に問題がある部分もあると思います。転職するうえで会社に迷惑はかかりますが、転職することで成長し、次の会社で反省点を活かすことが重要ではないでしょうか。

辞めたいと考えるだけでは何も変わらない

いかがだったでしょうか。ただ単純に辞めたいとだけ考えるだけでは何も変わりません。自分が辞めたい理由をきちんと言語化し、その次にとるべき戦略を考えることが大切ではないでしょうか。 転職することは、決してネガティブなことではありません。次の会社を探し、条件がいまより良くなれば転職すればいいだけです。辞める方が悪いのではなく、辞められてしまうような待遇しか用意できない企業側にも責任があると考えましょう。

まずは転職サイトに登録し、他の会社の条件と比べてみてはいかがでしょうか?