ライフをハックしたい

プログラミング初心者向けの記事や花粉症や就職活動、基本情報技術者試験(FE)などについて書いています。

アドセンスの広告の許可とブロックの設定方法 確認しておきたい項目とは?

スポンサーリンク

f:id:ywataru:20180119115510j:plain

アドセンスの審査が通り、アドセンスの広告が掲載出来るようになったら、自サイトに広告を貼って放置してはいませんか?もちろん、googleの側でも最適な広告を掲載するようになってはいますが、自動で行うには限界があります。アドセンスを貼ったはいいけど、いつも同じ広告しか出ないという方もいるのではないでしょうか。また、私のサイトでも中国語の広告が掲載されていたりと、収益に影響してしまうようなものもありました。

1.アドセンスの広告の許可とブロックとは?

自サイトで表示されたことがある広告を検閲することが出来る

広告レビュー センターは、サイトに表示される広告について、より詳しい情報を取得して管理するための機能です。広告レビュー センターを有効にすると、サイトに掲載された個々の広告を審査して、今後もサイトのページに掲載するかどうかを判定できます。

引用:広告レビュー センターの概要 - AdSense ヘルプ

広告の許可とブロックの項目は、アドセンスの画面左のバーにあります。アプリの画面では項目が見当たらなかったので、スマートフォンで行う場合には、ブラウザでPC画面でログインする必要があるかと思います。(違ったらごめんなさい。。。)

f:id:ywataru:20180119113009j:plain

2.許可とブロックのやり方

いままで審査をしていない場合はとりあえず審査済みにすることがおすすめ

広告レビュー センターを有効にすると、審査前のたくさんの広告が表示されると思います。1つ1つ目を通すのも大変なので、最初はとりあえず「すべて審査済みとしてマーク」しても良いかと思います。審査済みの広告が多くなってくると、適切な広告が表示される割合も増えるかと思います。 f:id:ywataru:20180119113013j:plain

スポンサーリンク

審査済み広告が多い場合は関係の薄い広告はブロックすると良いかも

掲載出来る広告の種類が増えてくれば、その中で収益性の低いものはブロックしてみましょう。特化サイトの場合、興味の薄い分野はブロックしてしまえば収益の増収が見込めるはずです。

f:id:ywataru:20180119113004j:plain

また、自サイトを訪れたユーザがどのような興味を持っているのかアナリティクスで確認する方法もあります。別記事にしておりますので参考にしてください。

www.lifehackit.work

3. 確認しておきたい項目

日本語以外の広告をブロックしよう

日本語のサイトで、英語はまだしも中国語や他の言語の広告が掲載されることは避けたいですよね。広告の言語ごとに審査することも出来ますので、とりあえずは日本語(英語)以外の言語はブロックしてしまいましょう。私のサイトでは、思っていた以上の他言語の広告が表示されていました。検索エンジンのクロールなどの影響で出ていると考えられますが、ロボットが広告をクリックしてくれるわけではないので私は日本語以外はブロックしています。

f:id:ywataru:20180119113007j:plain f:id:ywataru:20180119113001j:plain

4.まとめ

いかがでしたでしょうか。アドセンスの審査が通り、自動で広告を掲載するように設定したあとは収益の確認以外放置している方も多いのではないでしょうか。適切な広告を表示することが収益につながるはずですし、ユーザビリティの向上にも貢献すると思います。ユーザのためにも、広告の許可とブロックは行っていきたいですね。

www.lifehackit.work

スポンサーリンク