ライフをハックしたい

プログラミング初心者向けの記事や花粉症や就職活動、基本情報技術者試験(FE)などについて書いています。

初めて犬を飼う人向け!かかる費用や準備しておきたいこと一覧まとめ

f:id:ywataru:20180405103949j:plain

犬を飼うのに必要な費用

生体代(ペットショップやブリーダーさんの販売価格です)+5~10万円程度用意しておくと安心です。 初めて犬を飼う人は、なにから準備をしていいかわからないと思います。用意しておきたいものも一覧にまとめました。

生体代

ペットショップやブリーダーさんに渡す、犬の値段です。場合によっては、産まれてから引き渡しまでの期間に接種したワクチン代などもかかります。わんちゃん自体以外にもお金がかかる場合が多いので、予算は大目に確保しましょう。プラスで5万円から10万円ほどあれば安心かと思います。

狂犬病・ワクチン代

狂犬病は3か月以上のすべての犬に年1回の予防接種が義務付けられています。費用は1回3000円程度です。 ワクチンはメーカーや種類によって費用が違います。種類の少ない(3種など)ワクチンは5000円程度、種類の多い(10種)10000円程度のものが多いです。

ワクチン接種証明書は大切に保管しましょう

ドッグランやドッグホテルを利用するにあたり、狂犬病やワクチンの接種証明書を掲示する必要がある場合があります。翌年度移行のワクチン接種でも情報を利用しますので、大切に保管しましょう。

エサ代・おやつ代

犬種や大きさ、体重により食べる量は大きく変わります。また、エサの種類によって値段も大きく違います。小型犬で、安いドッグフードの場合は月に1000円もかかりませんが、大型犬でドッグフードを与えると、月に数千円から数万円かかってしまいます。 エサの決め方もそれぞれで、アレルギーや体重管理など、ワンちゃんそれぞれにあったエサがあります。最初はいろいろなエサを試しながら合うエサを探してみるとよいでしょう。 おやつ代も、それほどかかりませんが、成分の保証されている高いおやつだと月に数千円かかるでしょう。

ウンチ袋

毎日のお散歩に必須です。100円ショップなどの安いポリ袋でも十分ですが、においの漏れない高いポリ袋はおすすめです。1日2回、お散歩中に複数回処理することもあるので、多めに買っておくことをおすすめします。高いものでも、月に数百円程度です。

犬を飼う前に準備したいもの一覧

絶対必要なもの

ケージ(犬小屋)・サークル

家にわんちゃんのためのスペースを作ってあげましょう。最近は小屋タイプのものよりもケージサークルタイプのものが一般的なようです。犬の大きさや重さによって必要な大きさが変わりますので、適したものを選びましょう。なるべく大きなものを選んであげることで、寝るスペースとトイレスペースを分けてあげることが出来ます。

by カエレバ
食器

ご飯を食べる器です。人間用のものでも構いませんが、出来れば滑りにくいもの、噛んでも跡が付かないものを選んであげるとよいでしょう。大きさも、食べやすい適切なサイズを選んであげましょう。

by カエレバ
首輪・リード

お散歩のときに必要です。首輪ではなく、ハーネスタイプのものもありますが、首輪を常時つけることがおすすめです。逃げ出した時や何かあったときに、首輪がないと人間の手では捕まえることが出来ません。また、リードにもたくさん種類がありますので、犬種や好みに合わせて選びましょう。

by カエレバ
フード

たくさんの種類があります。フードの選び方は違う記事にまとめていますので、参考にしてください。

・穀物が多いとアレルギーになる
・保存料や着色料、添加物は身体に悪い
・チキンミールやミートミールは身体に悪い

www.lifehackit.work

トイレ

しつけのために、トイレをする場所を固定してあげましょう。トレータイプのものが一般的です。シーツを噛んでしまう場合はいたずら防止の網がセットになっているものを選ぶと良いでしょう。

まとめ

犬を迎えると、大事な家族が一人増えます。迎えるにあたり、しっかりと準備をしておきましょう。