ライフをハックしたい

プログラミング初心者向けの記事やランニングや就職活動、資格などについても書いています。

新卒入社したSierを3年持たずに退職した理由

新卒で孫請けSIerに入りましたが、3年持たずに退職しました。辞めた理由を記していきます。

1.給与が低く、上がらない

クライアントからは100万近くもらえるのに30万しかもらえないというのはザラでした。給料が上がればまだ我慢できますが、上がらないので転職しました。これが一番の理由です。下請け構造から抜け出すには転職するしかないと考えました。

2.仕事がつまらない

もともとプログラミングが好きだったわけではないですが、私の仕事の多くは自分で考える仕事ではありませんでした。他の人がなにを考えているか把握する仕事であり、それはつまらないものでした。他の人が書いた設計書をもとにコーディングを行ったり、ソースを読んで仕様変更を行う仕事です。そこに、クリエイティブで革新的な技術が使われていれば面白いのでしょうが、そんなことはありませんでした。使い古された、ウォーターフォールで、納期ありきの仕事です。技術者は、時間単位でマニュアル通りにアウトプットを出すことが求められました。

3.先輩方のようになりたくない

先輩方は目が死んでいました。生きるためにエンジニアをやっていました。口癖は、「この業界は仕方ない」です。残業するのも残業代が支払われないこともしょうがないのです。新しい技術を身に着けようともしません。段々と出来る仕事が減っていく先輩方を見て、この人たちのようになりたくないと思いました。

4.ものづくりより人と関わる仕事のほうが向いているのではないかと思った

エンジニアは一人で黙々と作業をするわけではなく、まわりの人とコミュニケーションをとりながら仕事をします。しかし、コミュニケーションを取りづらいエンジニアが多く、自分には技術よりもコミュニケーション力の方があるのではないかと感じました。IT業界の中ではコミュニケーション能力が高くても他業界では自信はありませんでしたが、人と関わるほうが楽しいとも思いました。

5.SIerの構造に疑問を感じた

孫請けSIerにしか入れない能力の低い私が一番悪いのですが、根本的にITゼネコンの構造には疑問しか感じませんでした。会社の存在意義すら疑問でした。会社を辞める理由以前の問題です。

多重下請け構造を改善するには、経産省の調査によると

この、IT業界の多重下請け構造を改善するには、経産省の調査によると、

「IT人材を巡る現状について 平成27年1月 情報処理振興課」

http://www.meti.go.jp/committee/sankoushin/shojo/johokeizai/it_jinzai_wg/pdf/001_04_01.pdf

ウォーターフォール開発からアジャイル開発へのシフト

「受託システム開発型」から、創造性の求められる「提案サービス提供型」へのビジネスモデルへのシフト

と資料があがっています。我が国のIT産業は、能力の低い技術者でも出来るように仕事を細分化し、考えなくてもいいように作業化してきたため、問題が解決していないように感じられます。

働いてよかったこと

しかし、働いてよかったこともあります。このときに辛い思いをしたからこそ、どんなことがあっても耐えられるようになりました。多少の理不尽でも、残業代が支給されたり、社会貢献性が高ければ仕事をしている意義を見出されるようになりました。

作りたいシステムが無く、改善しない問題が無い。SE志望の学生の多くは、生きるためにプログラミングを学び、生活するためにエンジニアに就こうと思っています。