ライフをハックしたい

プログラミング初心者向けの記事やランニングや就職活動、基本情報技術者試験(FE)などについて書いています。

仕事を辞める理由?会社の退職理由の具体例を家庭の事情などの例で紹介

スポンサーリンク

過去記事の紹介です。 www.lifehackit.work


次の仕事が見つかり、今の会社に退職する旨を伝えなければいけない。
退職願も用意し、あとは渡すだけ。なのになかなか渡せない。
退職の理由の伝え方がわからない。切り出しにくい。
転職の最後のステップ、退職の切り出しに多くの人が悩んでいます。
ここでは、どのような退職の切り出し方が良いのか紹介します。


f:id:ywataru:20171218151840p:plain

目指すべきは円満退職

まず、退職するときには円満退職を目指しましょう。 もし、同業で働く場合は取引先となる場合もあります。 また、円満に退職しておけば万が一出戻りも出来ると考えられるでしょう。 会社に迷惑はかかりますが、なるべく少ない迷惑で、引き継ぎもきちんと行いましょう。

退職ははやめに伝えておかないと円満退職から遠のく

退職が決まれば、引き継ぎをしなければなりません。 退職をはやめに伝えておかないと、引き継ぎが終わらないかもしれません。 後任の方が誰なのかもわかりません。 後回しにすればするほど円満退職から遠のくと考えましょう。

言葉で言い出しにくい場合は退職願を渡す

わかっていてもなかなか言い出しにくいものです。 そういうときは、直属の上司を呼び出し、誰にも見られない形でさっと退職願を渡しましょう。 誰かに見られてしまうと、退職するという噂が立ち、正式な形で退職発表が出来なくなってしまいます。 無事、渡すことが出来れば「なんで辞めるんだ?」と普通の上司なから聞いてくるはずです。

スポンサーリンク

伝えるべき退職理由

伝えるべき理由は今の会社では解決できないこと

会社の待遇改善や部署移動では解決できないことを退職の理由にしましょう。 解決策を啓示され、引き留めにあってしまうことは円満退職にはつながりません。

具体例1.違う仕事がしたい

他分野での仕事がしたい、違う視点での仕事がしたいということが最も一般的な退職理由でしょう。 今の会社での経験を活かし、違うことにチャレンジする、という方向性なら、退職をポジティブに捉えることが出来ます。 上司としても、会社に問題があるのではなく、ポジティブな退職理由なら受け取りやすいはずです。

具体例2.結婚や病気、妊娠や介護など、家庭の事情

引っ越しなどで会社の場所が問題となるときに有効です。 支店や子会社が多くある企業ですと、部署の移動で問題が解決してしまう場合がありますので注意が必要です。 上司としては、退職させないで引き止めることが仕事ですので全力で引き止めにきます。 納得が出来る理由の場合は活用しましょう。

具体例3.知り合いの会社に誘われた

転職する理由がネガティブな場合はポジティブな理由がなかなか見つからないと思います。 知り合いの会社に誘われた。という理由もよく聞く転職理由の一つです。 本音と建て前は別です。上司が納得する理由をなんとか考えましょう。

今の会社で解決できることを言うと?

給与が安い。残業が多い。など、いまの会社の不満をベースに退職理由を伝えてしまうと、給与が上がれば残る。残業が減れば残る。という退職の引き止めにあうでしょう。 改善には時間がかかるので半年待ってほしい。などと上司に言われてしまっては退職しにくくなってしまうと思います。 退職理由には今の会社では実現できないことを述べましょう。

スポンサーリンク