ライフをハックしたい

プログラミング初心者向けの記事やランニングや就職活動、資格などについても書いています。

教育

プログラミングや教育全般についてです。

世の中で一番わかりやすいオブジェクト指向の説明 スティーブ・ジョブズの言葉

オブジェクト指向を何度勉強してもしてもわからない。いくら説明されても分からない。そんなあなたにスティーブ・ジョブズによるオブジェクト指向ソフトウェアの説明です。

C言語のポインタがわからないときに参考にしたいサイト【ポインタをなぜ学習するのか】

最近よく耳にするIOTのおかげでC言語も最注目されてきました。ずいぶん昔に勉強したので再習得したいと思う人も多いでしょう。C言語を習得する上で、最初の大きな壁は「ポインタ」です。ポインタの理解なくしてC言語の習得は出来ません。しかし、多くの入門…

制服のスカートはなぜ膝下なのか

制服のスカートは、なぜ膝下なのか。それは、教師の指導のし易さに影響するからです。 校則がないと教師が指導できない 校則とは、学校生活する上でのルールを定めたものである。 ルールとは、学校での普通を文書化したものである。 例えば、1時間目は何時に…

FランIT専門学校の職員の仕事の実態

底辺専門学校の職員の仕事を紹介してみたいと思います。 学校側から期待されている仕事 1.学生の卒業率、就職率100% これが最重要課題です。これが達成できないと怒られます。退学してしまうと授業料が貰えませんからね。技術者として就職できない子も…

大学や専門学校は偏差値で決めるべき理由

低偏差値の学校には低偏差値の生徒が集まる。下の2割に入ってしまうと、授業についていけませんし、上の2割に入ってしまうと独学で勉強するのとさほど変わらなくなってしまいます。上の2割の子にはいつも申し訳ないと思っています。上を知らないだけで、あな…

FランIT専門学校の現場から実態を報告

私は、専門学校でプログラミングを教える授業を担当しています。 偏差値の低い学校なので、入学する学生の質は著しく低いです。1.高卒で仕事に就くことが難しくなった もちろん、仕事を選ばなければ就くことが出来るでしょう。 しかし、誰でも出来る仕事は…

全国学力調査の結果から、短時間で結果を出すことの重要性を見る

8月28日に全国学力調査の結果が文科省から発表されました。 これだけの予算をかけて調査をすることに意味があるのか。 この予算と時間をプログラミング教育にあててはどうか。 などと色々考えてしまいますが、 今回は部活動の状況調査の項目に絞って記事…

専門学校教員として小学校でのプログラミング教育について考える

次回の学習指導要領の改訂で、小学校でプログラミングの教育がはじまります。1.環境構築の問題 統一した環境を整えることができればマニュアル化して授業の導入が出来るでしょうが、スペックやOSまでも違うマシンで環境構築が出来るでしょうか。小学生の教…

最短で受かる!基本情報技術者試験対策の勉強時間について

IT資格の登竜門である基本情報技術者試験(FE)の対策まとめです。1.午後対策に時間がかかるので午前勉強は早めに切り上げる 2.午後対策中に午前の内容が抜けてしまうので、並行して学習する 3.アルゴリズムと言語は時間がかかるので、捨てる時はきっ…

部活指導の過剰労働を無くすには

// 部活指導の過剰労働をなくすには 私は、高校の部活動(運動部)をOBとして指導した経験があります。顧問の先生方から聞いた話や実体験をまとめてみます。 まず、前提として、教員に残業代は出ません。 公立学校の管理職以外の教員には、労働基準法第37条…

なぜ、あなたはJavaでオブジェクト指向開発ができないのかを授業で使ってみて

今週のお題「読書の秋」 なぜ、あなたはJavaでオブジェクト指向開発ができないのか―Javaの壁を克服する実践トレーニング JAVAの入門書と並行して内容を進めていっています。ちなみに、JAVAの教科書はこちらを使っています。非常に分かりやすいです。 スッキ…

全員がプログラミングの経験があるという世の中は素晴らしいことだ

次回の学習指導要領の変更で小学生のプログラミング教育が始まります。 小学校段階におけるプログラミング教育の在り方について(議論の取りまとめ):文部科学省 小学校段階における論理的思考力や創造性、問題解決能力等の育成とプログラミング教育に関す…

適切な体罰は有用だが、適切な体罰を行える人材は少ない

日野皓正氏の中学生往復ビンタ問題について、さかんにメディアで取り上げられていますが、現場の視点から意見を綴っていこうと思います。 1.体罰は違法行為である 2.体罰は適切に行うと効果がある 3.反射を伴う動作を覚えさせるには非常に有効 「適切…